ほんのり赤く染まって

お昼を近くのホテルのレストランで親しい友人と取った後、佐々木夫人は舞踊の師匠宅に向かい、みっちり2時間、稽古をつけてもらった。

 

同門の発表会が一週間後に控えており、だんだんと稽古にも緊張感が高まってきている。

 

稽古が終わった後、夫人は移動の車から娘の美奈代に電話をかけた。

 

「もしもし、サキちゃん?あなた、今日は夕ご飯は?あ、そう、いらないのね?うん、それならよかった。

 

じゃ、帰りは9時くらいになるかしら?はい、わかりました。

 

え、私?私はこれからまた個展の会場に戻るわ。

 

7時過ぎくらいにはお家にいると思う。

 

じゃあね。」

 

しかし、夫人の車は、個展の会場に戻ることはなく、逆の方向にどんどん走っていった。

 

20分くらい走ったろうか、寺院の山門のような門をくぐり、大きな和風造りの家の前に止まった。

 

玄関の上に大きな額が掲げられ、そこには「普門亭」と書かれてある。

 

夫人が三和土で草履を脱いで上がると、すぐに和装の若い女性が出てきた。

 

夫人はにっこり彼女に笑いかけて、

 

「ご苦労様、今日子さん。」

 

と声をかけた。

 

しかし、彼女は一言も口をきかず一礼だけ返し、夫人の草履をひょいと拾い上げると、夫人の後に続いた。

 

戸口に出てきたのは、徳井聡志だった。

 

青いシャツ、白いネクタイにダークブルーのスーツを着て、片膝を付いて夫人に一礼した。

 

「トクちゃん、来てたのね、ありがとう。」

 

夫人は破顔一笑した。

 

そして、廊下づたいに歩き、入ったのは角の部屋である。

 

まもなく、その部屋に燗酒の用意をして聡志が入ってきた。

 

「トクちゃん、ありがと。

 

まずググッとやりましょ。」

 

夫人は聡志に注がれた杯をグイッと飲み干し、聡志に返した。

 

杯を受けた聡志も同じようにして、夫人に返す。

 

「トクちゃん、ここは初めて?」と夫人が尋ねると、聡志はうなずいた。

 

「そう。

 

ここは、うちの企業グループの接待所兼保養所なのね。

 

この時間は私たちとごく少ない信頼できる人しかここにいないし、門も閉じちゃったから、もう誰もここに入れやしないわ。

 

もちろん、誰も出られないし。」

 

夫人は最後の言葉を意味ありげに笑いかけながら言った。

 

聡志は表情を動かさずに夫人に酒を注ぐ。

 

夫人は、その杯を呷って、

 

「見てご覧なさい。

 

お庭の綺麗なこと、私はここのお庭が大好き。

 

四季それぞれの趣があるの。」

 

と言った。

 

確かにここの庭はよく手入れされており、見事なものだ。

 

これほどの施設を維持するのにも、莫大な金がかかっているのだろう、と聡志は思った。

 

「トクちゃん」呼ばれて振り返ると、夫人の目元はほんのり赤く染まっていた。

 

その目はギラギラと何かを求める目になっている。