デパートでの出来事

辺りがすっかり暗くなってから美奈代が家に帰ると、母の佐々木夫人が座敷で、着物をいろいろ引き出して見ているところだった。

 

「あら、サキちゃん、お帰り。

 

ねえ、どうかしら、どれがいいと思う?」

 

「どこに着ていくの?」

 

「ほら、木曜日が個展の初日じゃない?たくさん、お友達が来るけど、それで悩んじゃってるのよ。」

 

「こっちのは?」

 

「うん、季節からいえばこれでいいんだけど、これね、この間の創立記念パーティーのときに着ちゃったのよ。

 

で、そのときに呼んだ人も木曜日に来るかも知れないから、いつも同じ着物というのもねぇ。」

 

「じゃあ、これは?」

 

「帯がないのよ。

 

この間からこれに合う帯を探してるんだけどねぇ。

 

この前は冬だったから良かったんだけど、この季節に雁なんて、変じゃない?」

 

「ダメ。

 

とてもつきあってられない。

 

だって、母さん着物何着持っているの?今から選んでたらとても間に合わないよ。」

 

「だから、あなたは祐二さんに似て短気だって言われるのよ。」

 

話題を変えた方がいい。

 

「母さん、『煙突屋』って知ってる?」美奈代はバッグの紐を指にクルクルかけながら、聞いた。

 

「なあに?」

 

「『煙突屋』って知ってるって聞いたの。」

 

返事がないので、まだ聞こえなかったかと思い顔を上げてみると、そこには母の呆然とした顔があった。

 

美奈代はちょっと驚いた。

 

「どうしたの、母さん?」

 

「サキちゃん、それ、どっかで聞いたの?」佐々木夫人の声が心なしか震えていた。

 

「いや、あのね。」

 

美奈代は、デパートでの出来事を話した。

 

「あら、そうだったの。」

 

娘の話を聞き終わって佐々木夫人は小さくうなずいた。

 

「母さん、知ってるの、その会社?」

 

と問う美奈代に、

 

「知りませんよ。」

 

と夫人は立ち上がって、こちらに背を向けて、また着物を手に取った。

 

「嘘、さっき驚いてたじゃない。」

 

「ママの聞き違いだったみたい。」

 

「何と聞き違えたのよ。」

 

「何だっていいでしょ、もう、邪魔だから行って。」

 

佐々木夫人は背を向けたまま言った。

 

絶対おかしい。

 

美奈代はそう思いながら座敷を出て、自分の部屋に向かった。