徐々に深く挿入

「他の誰にも見せません。

 

現像も私がするんですから。

 

よろしいですね」

 

「えっ?」

 

自分に話しかけられていることに気づくと同時に、あの方がカメラを構えていることにも気づきました。

 

「美しい。

 

あなたは、本当に、美しい女性です」

 

「わたくしが……?」

 

カメラのレンズ越しに、わたくしの肢体をみつめて、そうしてときおりシャッターを切るのです。

 

後ろ手に縛られて、少しだけとはいえ背中を反らせた姿勢になっていました。

 

長くそうしているのは、辛いことでした。

 

畳の上に横たわり自分では動けないわたくしの肢体は、あの方ではなく、わたくしを縛り上げた男性の手によって、ときおり動かされました。

 

様々な角度から、全身くまなく撮影されたのです。

 

「俺は外してるから、終わったら呼んでくださいよ」

 

「あなたじゃないと、ほどけませんからね」

 

「じゃあ、旦那、たっぷりお楽しみくだせえ」

 

畳に転がったままのわたくしに、男性の姿が扉の向こうに歩き去っていくのが見えました。

 

背後から、あの方が近づいてくる気配がいたしました。

 

「ここが」

 

そう言って、あの方がわたくしの肢体に触れました。

 

「さっきから、ずっと、ここが」

 

「あっ!」

 

背中を滑り降りた指先が、わたくしの秘所へ触れてきます。

 

「ずっと、ここが、濡れっぱなしですよ」

 

「あ…っ…」

 

くちゅっ……という濡れた音が、静かな和室に響きました。

 

「見られただけで、あなたは、こんなに濡れてしまうんですね」

 

あの方の指が、徐々に深く挿入されてきます。

 

「私はね。

 

見ているだけでは興奮しないんですよ」

 

ぐちゅぐちゅ、音を立てて掻き回されているそこが、どんなに熱くなっても、わたくしは畳の上で身じろぎすることしかできません。