生まれて初めての恋

わたくしの秘部を穿っているのは水牛の角ではありませんでした。

 

夢にまでみた、あの方が……。

 

そうなのです、あの方が御自身をわたくしの中へ。

 

ああ、なんということでしょう。

 

そのときのわたくしの驚きと悦びは、いったいどのように表現したらよいのかわかりません。

 

「ああっ…なんという……ことでしょう」

 

「気づいてしまわれたのですね」

 

「どうか、お願いです……そのまま、お続けになって……」

 

「嫌だと、おっしゃられても、やめるつもりなどありませんよ」

 

ずっと、叶わないと思ってあきらめていたのです。

 

まるで、夢のようでした。

 

夫との性生活で、これほど歓喜したことがあったでしょうか。

 

両親が選んでくれた夫ですもの、なにも不足があったわけではありません。

 

けれども、それで本当の女の幸せが得られたと言えるのでしょうか。

 

全身の匂いを愉しみ、鼻と舌で味わい尽くされる悦びを知ってしまったのです。

 

どうして、夫のもとへ戻ることができるでしょう。

 

心の底から愛する男性に貫かれたまま、わたくしは何度も歓喜の極みに達しました。

 

約束の時間は、とうに過ぎて、障子の外は夕焼けから薄闇に変わりつつありました。

 

「今なら、まだ、ご主人とお子さんのいる家に帰ることができますよ」

 

「いいえ」

 

「これ以上、ここに留まれば、かわいいお子さんにも二度と会えないことになる。

 

わかっていますか?」

 

「承知しております」

 

「本当に、後悔しませんね」

 

「はい、必ず」

 

背後からひとつになったままのわたくしたちの姿が、鏡にちらりと映るのが見えました。

 

ああ、なんと美しいのでしょう。

 

わたくしが、生まれて初めての恋をした、あの方は、どこの誰にもたとえようがないほどに美しい殿方でした。